MENU

薬剤師の働きがい

薬

私は数年薬剤師をしていますが、薬剤師になってよかったと思っています。
仕事自体にもやりがいを感じていますし、肉体的にも辛い仕事ではないのと、お給料が割りと良いからです。


お給料としては薬剤師手当がつくので、会社によりますが、一般の職業よりは最初は非常に高いものとなっています。
業務内容としては、私としてはドラッグストアなどのOTC業務よりも、調剤薬局での業務が好きです。


OTC業務よりも神経を使いますし、きっちりとチェックしないといけないということはありますが、調剤の一連の業務などはやりがいがあるものだと感じています。
一包化など飲み忘れ防止のための分包などや軟膏などの混合など、薬剤師が少し手を加える作業などもあり、単純作業ばかりではないので幅広い仕事ができると思います。


実際に用意した薬を患者様に渡す際に説明するのも薬剤師の醍醐味になっていて、服用状況や背景など話を聞いてあげるのも楽しいです。
そういったところをしっかりと理解してあげて、説明できるようになれば、薬剤師として一人前になれると思っています。


副作用の説明ももちろんしますし、聞いておいてよかったよと感謝される場面もありますし、副作用が出た場合の対処方法なども説明するので、感謝される場面も多いです。


実際に、頻尿改善薬を飲むと口渇という副作用が高頻度でおこるものになっています。
その対策として、定期的なうがいの指導や柑橘類を摂取してもらい唾液腺を刺激してもらうなどの説明を行うことで、副作用が改善したと言ってもらえたり、感謝してもらえた時などが、薬剤師をしててよかったなと思うこともあります。