調剤薬局勤務のメリット・デメリット

MENU

調剤勤務のよいところ悪いところ

薬

薬剤師として調剤勤務をし数年になります。
さて、良い点ですが仕事量に対する給料が良いという点でしょうか。


給料の額自体はおそらく他業種の方が思っているほど高くはありません。
地方のそのまた地方の調剤薬局へ行けば話はべつでしょうが、多くの地域では思ったほど…という額だと思います。


ですが、毎日行っている仕事の量に対する給与額と比べると良いものになるのでは、と思います。


逆に悪い点ですが、調剤薬局だと大きな病院の処方箋になればなるほど直接Drと話せる機会が少なく
疑義照会ですら良いところで看護師経由・ひどいところだと病院の薬剤部へFAX→病院の薬剤部から返答FAXというところもあります。


そのため「このまま出していいのか、だめなのか」という判断は出来ても「どういう意図でこの処方は切られているのか」という点が全く分からいことが多々有り、納得できないことが多いということが調剤薬局業務の悪い点です。


また、確かなものは処方箋に記載されている薬の名前・用法用量・患者の保険くらいしかなく、不確かな情報としては患者からの自己申告の情報くらいです。まだ多くの病院では検査値などの情報を院外に出しておらず正確な客観的な情報があまりにも不足しています。


そんななかで「処方鑑査をしろ」ということ自体が非常に難しいことです。この状態なので薬剤師の疑義照会で処方提案などといったことは難しくなっているのではないでしょうか。


病院薬剤師だとカルテを見ることができるのでその点が解消されて薬剤師としいての業務をフルに行うことが出来るでしょう。
そのため、「情報が少ない」という点が調剤薬局薬剤師勤務の悪い点として挙げられると思います。